グランビルの法則とは?

グランビルの法則とは、米国のジョセフ・グランビルというアナリストが編み出した投資手法です。買いと売りの8つのパターンがあります。

グランビルの法則:「買い」の4パターン

グランビルの法則の買いの4パターンは以下のポイントになります。

  1. 移動平均線が長期間の下落または横ばいで推移した後、価格が上昇に転じ移動平均線を下から上に突き抜けた場合に買い
  2. 価格が移動平均線を下回った場合でも、移動平均線が上昇中のときは押し目買い
  3. 移動平均線より上になる価格が足踏み状態の時、上昇中の移動平均線が割り込むことなく再度上昇に転じたときは買い
  4. 下向きになっている移動平均線よりも、さらに価格が大きくかけ離れて下落した場合は自律反発する可能性が高いと判断して買い

グランビルの法則:「売り」の4パターン

グランビルの法則の売りの4パターンは以下のポイントになります。

  1. 移動平均線が長期間の上昇または横ばいで推移した後、価格が下降に転じ移動平均線を上から下に突き抜けた場合に売り
  2. 価格が移動平均線を上回った場合でも、移動平均線が下降中のときは戻り売り
  3. 移動平均線より下になる価格が足踏み状態の時、下降中の移動平均線がうわ抜けることなく再度下降に転じたときは売り
  4. 上向きになっている移動平均線よりも、さらに価格が大きくかけ離れて上昇した場合は自律反発する可能性が高いと判断して売り

グランビルの法則のここを守るだけでも勝率はアップする

グランビルの法則の①から③は、相場の流れにそった方向なので順張りのトレードです。
グランビルの法則の④は、相場の流れと逆むきの方向なので逆張りのトレードです。
FX初心者の人は、順張りのトレードを心がけることで勝率は飛躍的にあがります。

まとめ

移動平均線の良いところは視覚的に上がっている、下がっているということがわかりやすいところです。グランビルの法則はこの移動平均線の基本の使い方をシンプルに説明した法則であり、非常に有効なやり方です。