チャートパターンの攻略法 

チャートパターンとは?

チャートパターンとは、チャート上に現れる連続したロウソク足の連なりで作られる形状の事をいいます。こう聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、「移動平均線」と同様に代表的なテクニカル分析です。

チャートパターンは大きく分けると2つのパターン分かれます。

反転型のチャートパターン・・・天井圏や底値圏でみられるチャートパターンです。

トレンド継続型のチャートパターン・・・トレンド相場の途中で見られるチャートパターンです。

図を用意したので、初心者の方もチャートパターンの形をそのまま覚えてください。

反転型のチャートパターン

天井圏や底値圏で現れやすいチャートパターンで、トレンドが出ている時に、反転型のチャートパターンが形成されるとトレンドの終わりやトレンドが反転するサインになるため覚えておくと便利です。

反転型のチャートパターンが出たからといって、必ずトレンドが終わったり反転するわけではありませんが、その後の為替レートがどのように動くかの目安になるためトレード戦略が立てやすくなります。

ダブルトップ、ダブルボトム

上昇の場合、山を2つ作って反転していくチャートパターンです。下降の場合は谷を2つ作って反転していくチャートパターンです。

ダブルトップの場合は下に引いた赤いライン、ダブルボトムの場合は上に引いてある赤いラインをネックラインといい、このネックラインを抜けられると、反転の可能性が出てきます。

ネックラインを超えた場合、それまでに作った山や谷の高さの分だけ為替レートが動くと言われているので、決済の目安になりますね。

トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合の代表的なチャートパターンです。

トリプルトップ、トリプルボトム


トリプルトップ、トリプルボトムは山が3つになるチャートパターンで考え方は、ダブルトップ、ダブルボトムと基本的に同じです。

ダブルトップにも言える事ですが、サポートやレジスタンスを(高値、安値)を超えられずに反転してくるという事ですね。ちなみに3回4回と山や谷を作ってくるとボックスやレンジの状態になります。

トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合の代表的なチャートパターンです。

ヘッドアンドショルダー

上昇の場合をヘッドアンドショルダー、下降の場合をインバースヘッドアンドショルダー(またはリバースヘッドアンドショルダー)といい、「三尊天井」「逆三尊天井」とも呼ばれます。

上昇の場合、真ん中の山が一番高くその左右に少し低い山ができるチャートパターンです。下降の場合は逆で考えてくださいね。

ヘッドアンドショルダー、インバースヘッドアンドショルダーもネックラインを超えると、それまでに作った山や谷の値幅の分だけレートが進むといわれているので利益確定の目安になります。

これも、トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合の代表的なチャートパターンです。

ソーサートップ、ソーサーボトム


ソーサートップ、ソーサーボトムもトレンドの天井圏や底値圏で出現するチャートパターンで、お皿の形のような形に見えることからこのような名前がついています。

比較的長い時間をかけてできるチャートパターンなので、ソーサートップ、ソーサーボトムの中に他のチャートパターンが現れることがあります。

これも、トレンドの天井圏や底値圏で出現し、反転する場合の代表的なチャートパターンです。

トレンド継続型のチャートパターン

上昇や下降トレンドの途中で作られるチャートパターンで力をためた後、もう一度トレンド方向にブレイクしていくことが多いチャートパターンです。

トライアングル

三角形の形でだんだん値幅が狭くなっていくチャートパターンです。「ペナント」とか「三角持ち合い」とも言います。

トライアングルも、通常それまでのトレンド方向にブレイクしていきます、どのチャートパターンにも言える事ですが逆方向にブレイクすることもあります。

トレード戦略的にはトレンド方向にブレイクした場合のみトレードした方が勝率がよく、だましも少なくなります。

ボックス

ボックスと呼ばれるチャートパターンでレンジとも言います。

通常は、それまでの相場の流れトレンド方向にブレイクしていきます。

フラッグ

このパターンは旗のような形をしていることから「フラッグ」といわれるチャートパターンです。斜めのボックスとも言えます。
トレンド方向とは逆向きの傾きがある四角形で、これもトレンド相場の調整の局面でよくみられるパターンです。
上昇トレンドの途中にできるものを上昇フラッグ、下降トレンドの途中にできるものを下降フラッグといいます。

フラッグも基本はそれまでのトレンド方向にブレイクしていきます。

チャートパターンのまとめ

いろいろなチャートパターンがありましたね。チャートパターンには大きく分けて2つあることをお伝えしました。覚えてますか?

反転型のチャートパターントレンド継続型のチャートパターンでしたね。

どのチャートパターンもそうなりやすい傾向があるというだけで絶対ではありません、チャートパターンだけで判断しないでこれまでに学んだ「トレンドライン」や「移動平均線」などのテクニカル指標と組み合わせることで精度が上がってきます。

楽しいFX教室の目次


無料:FXセミナー動画『投資未経験の人が最短で実力アップ。
安定した収益を手にする真のトレーダーになるためのステップアップ法』

この動画は、FX学校の生徒限定で行われた有料セミナーの一部をわかりやすくまとめたFXセミナー動画です。

  • FXやってみたいけど何から手を付ければ良いかわからない…
  • 初心者向けの本を買って読んでみたけど、具体的にどう進めていけば良いかわからない…
  • 何年もやっているけど、どうやれば実力がつくのかわからない…

あなたもこんな悩みを一人で抱えていませんか?



FX学校の特別教室

FXで成功している人だけが知っている「実力アップの仕方」があることを知っていますか?

事実、この実力アップ法を知り単純に実践したことで、
まったくの初心者だったFX学校の生徒たちが短期間で
「正しく勝ち、正しく負ける」ことができるようになりトレーダーとして成長しています。

本来、FXは正しい学習法ですすめていけばトレーダーとして実力をつけていけるものです。

にもかかわらず、多くの人が「何となく上がりそう、下がりそう」
という感覚やカンに頼ったトレードをして勝てずに苦しんでいるだけで、
正しい学習法でステップアップしていこうとしないことが不思議でなりませんし、
だからこそ、正しい学習法でステップアップしてほしいと思っています。

今回は私が代表を務めるFX学校の生徒にも実際にやってもらっているノウハウを

無料:FXセミナー動画
『投資未経験の人が最短で実力アップ。
安定した収益を手にする真のトレーダーになるためのステップアップ法』

という形でまとめました。

勝ってない人がしてしまう、勝っている人がやらないことから、
何が正しく何が間違えているのかの指針、具体的なステップアップの方法、
このノウハウを知ることで
「このステップなら私にもできそう」と思えると同時に、
FXに対しての正しい姿勢も身につけることができる内容です。

トレードは人間の本能とは相反することをしなければいけないことが多々あるものですが、
そんなトレードを効率的に実力アップしていけいるノウハウになります。

これまでFXが上達しなかった人は必ず見ておいてください。

  • チャート開いたらすぐにFXをしたくなる・・・
  • もっと稼ぎたいと欲望でFXをしてしまう・・・
  • 損するのではないかと見送ってしまいFXができない・・・

こんな状態だった生徒でさえマスターできましたし、
多くの生徒が好成績を次々に出ているノウハウです。

興味がある方に、今だけ期間限定で特別授業の動画を無料プレゼント中です。

この動画での話しをメモしてあなたのFX学習をより加速させてください。
そして、あなたのFXレベルを上げてもらえたら、私にとって一番嬉しいことです。

説明ページはこちらから

登録するとすぐにご覧いただけます(無料)

PROFILE
FX学校代表 青木  FX学校
1993年より独学で投資とビジネスを始め、会社と不動産を複数所有、2012年から弟子をとりはじめてから口コミで生徒が増え、2016年FX学校を設立これまでに教えた生徒は1000人以上。多くの生徒から感謝をこめて師匠と呼ばれている。