消費者物価指数を知る

消費者物価指数を知る

消費者物価指数とは消費者が購入するすべてのサービスやモノなどすべての価格を調べて物価の推移を表す経済指標で総務省から毎月発表されます。Consumer Price Indexを略してCPIと呼ばれることもあります。
 
消費者物価指数は、国の景気がよくお金まわりが良くなれば物価が上がる傾向(インフレ)があるため消費者物価指数はあがり、景気が悪くお金のまわりが悪くなれば物価が下がる傾向(デフレ)があるため消費者物価指数は下がります。
 
つまり消費者物価指数はその国の経済状況を知るのに重要な経済指標の1つといえます。
 

消費者物価指数と為替相場の関係

消費者物価指数と為替相場の関係で見ると
 
物価の上昇(インフレ)=円安
 
物価の下落(デフレ)=円高

 
例えば、100円のジュースがあるとします。
 
物価が上昇(インフレ)したことでジュースが110円になると、ジュースの価値が上がりお金(円)の価値が下がったという事なので円安に推移しやすいという事です。
 
逆に物価が下降(デフレ)したことでジュースが90円になると、ジュースの価値が下がりお金(円)の価値が上がったという事なので円高に推移しやすいという事です。
 
消費者物価指数を知ることで、その国の景気の動向がわかり、インフレ傾向なのかデフレ傾向なのかを知ることである程度、その国通貨の方向性(上がりやすいのか、下がりやすいのか)の目安にすることができます。
 

楽しいFX教室の目次

無料:FXセミナー動画『投資未経験の人が最短で実力アップ。
安定した収益を手にする真のトレーダーになるためのステップアップ法』

この動画は、FX学校の生徒限定で行われた有料セミナーの一部をわかりやすくまとめたFXセミナー動画です。

  • FXやってみたいけど何から手を付ければ良いかわからない…
  • 初心者向けの本を買って読んでみたけど、具体的にどう進めていけば良いかわからない…
  • 何年もやっているけど、どうやれば実力がつくのかわからない…

あなたもこんな悩みを一人で抱えていませんか?



FX学校の特別教室

FXで成功している人だけが知っている「実力アップの仕方」があることを知っていますか?

事実、この実力アップ法を知り単純に実践したことで、
まったくの初心者だったFX学校の生徒たちが短期間で
「正しく勝ち、正しく負ける」ことができるようになりトレーダーとして成長しています。

本来、FXは正しい学習法ですすめていけばトレーダーとして実力をつけていけるものです。

にもかかわらず、多くの人が「何となく上がりそう、下がりそう」
という感覚やカンに頼ったトレードをして勝てずに苦しんでいるだけで、
正しい学習法でステップアップしていこうとしないことが不思議でなりませんし、
だからこそ、正しい学習法でステップアップしてほしいと思っています。

今回は私が代表を務めるFX学校の生徒にも実際にやってもらっているノウハウを

無料:FXセミナー動画
『投資未経験の人が最短で実力アップ。
安定した収益を手にする真のトレーダーになるためのステップアップ法』

という形でまとめました。

勝ってない人がしてしまう、勝っている人がやらないことから、
何が正しく何が間違えているのかの指針、具体的なステップアップの方法、
このノウハウを知ることで
「このステップなら私にもできそう」と思えると同時に、
FXに対しての正しい姿勢も身につけることができる内容です。

トレードは人間の本能とは相反することをしなければいけないことが多々あるものですが、
そんなトレードを効率的に実力アップしていけいるノウハウになります。

これまでFXが上達しなかった人は必ず見ておいてください。

  • チャート開いたらすぐにFXをしたくなる・・・
  • もっと稼ぎたいと欲望でFXをしてしまう・・・
  • 損するのではないかと見送ってしまいFXができない・・・

こんな状態だった生徒でさえマスターできましたし、
多くの生徒が好成績を次々に出ているノウハウです。

興味がある方に、今だけ期間限定で特別授業の動画を無料プレゼント中です。

この動画での話しをメモしてあなたのFX学習をより加速させてください。
そして、あなたのFXレベルを上げてもらえたら、私にとって一番嬉しいことです。

説明ページはこちらから

登録するとすぐにご覧いただけます(無料)

PROFILE
FX学校代表 青木  FX学校
1993年より独学で投資とビジネスを始め、会社と不動産を複数所有、2012年から弟子をとりはじめてから口コミで生徒が増え、2016年FX学校を設立これまでに教えた生徒は1000人以上。多くの生徒から感謝をこめて師匠と呼ばれている。