FXおすすめ本|FXトレードスタイル別|デイトレ編

こんにちは。FX学校の青木です。

本日はFXのトレードスタイルの中でも最も短期トレードと言われる
スキャルピングついて学ぶならこれがおすすめ!
という本のご紹介です。

ちなみに、トレードスタイルには

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スウィングトレード

の3種類があります。

性格にあうトレードスタイルを探すためにも、
1つ1つのスタイルのメリット、デメリットを知ることが大切です。

中でも多くのトレーダーが採用しているスタイルが「デイトレード」です。
まずは本を読んで学習しましょう。

 

青木師匠青木師匠

スキャルは一日に何度もトレード出来るから、ちゃんと勉強してね!

ピップスくんピップスくん

はい!がんばりま~す!

 

FXデイトレおすすめ本1:簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード

押し目買い!戻り売りの「安全な場所」を探せ!!WBRを使ったトレンドフォローを基本に、反転トレード、ダイバージェンスなど、トレードに役立つ話を紹介。(「BOOK」データベースより)

【オススメポイント】

デイトレの基本を理解した上で実践するためのノウハウについて
的を絞った内容になっています。

コーチからのアドバイスがぎっしり詰まった一冊です。

デイトレを自分のトレードスタイルにしたいのなら、手元にあると参考になります。

【オススメ度】 ★★★★☆(星4つ)

 

FXデイトレおすすめ本2:インターバンク流FXデイトレ教本

【オススメポイント】

FXで勝つ人の考え方について書かれている本です。
ノウハウではなく、デイトレーダーの心理面について参考になることが内容。

デイトレでエントリする際、少し立ち止まって反対側の心理を考えてみる時の
ヒントとして活用できる本です。

【オススメ度】 ★★★☆☆(星3つ)

 

 

FXデイトレおすすめ本3:17時からはじめる 東京時間半値トレード -勝率50%の分岐点こそが相場の原点- (現代の錬金術師シリーズ)

「正しい根拠のある売買」とはどういうものかに加え、「正しい根拠のある売買」=「半値トレード」であることを紹介。また、半値線(過去52本分のローソク足の半値や東京時間の高値安値の半値)という、「買い」と「売り」の売買精力分岐点だけを見ていく、効率のよい手法をわかりやすく紹介する。更に、著者の実際のトレードを記録した日誌や理解度テストのほか、著者のトレードをそのまま実現できる「半値トレード用のインジケータ」を特典として収録する。(「BOOK」データベースより)

 

【オススメポイント】

デイトレをするなら、この「半値」戻すという相場の動きを理解する必要はあります。

相場には「必ず」という言葉はありませんが、デイトレのノウハウ本としては
一見の価値がある内容。

トレードの精度を上げるヒントもふんだんに盛り込まれていますので
これはおすすめです。

【オススメ度】 ★★★★★(星5つ)