FXをしていて 損が大きく、利益が小さくなってしまう
この悩みはあなただけの悩みではありません!
お金の増減を見て感情的にFXをしてしまうと勝てない行動をしてしまうのは普通なのです。

具体的に、どういう感情がわきおこるのか?
その結果、どうなるか?
どうすれば良いのか?

と言う話をします。

プロスペクト理論とは?

プロスペクト(prospect)というのは、「期待・予想・見通し」という意味です。

人は利益を得られる場面ではリスク回避を優先し、損失をこうむる場面では損失を回避する傾向があるという心理学の理論です。

この理論は、行動経済学者のダニエル・カーネマンと心理学者のエイモス・トベルスキー氏によって1979年に提唱されました。

ダニエル・カーネマン氏は、このプロスペクト理論で2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

プロスペクト理論というのは、トレードの用語ではありません。

プロスペクト理論の(行動心理)事例|

リスク回避

二つの選択を提示します。

A:確実に9万円もらえる
B:コインを投げて裏が出たら20万もらえるが、表が出たら何ももらえない。

この場合、ほとんどの人はAを選びます。
でも、期待値を計算するとAは9万円でBは10万円なので、Bの方がAより高いのですが、人はAを選ぶ傾向があります。
(期待値とは、ある試行をおこなったときその結果として得られる数値の平均値です。)

このような傾向は、「利益を得られないかもしれないから、確実に利益を確保できるほうが良い」という”リスクを回避”しようとするのが原因です。

損失回避

C:確実に9万損する
D:コインを投げて表が出たら20万円とられるが、裏が出たら取られない

この場合、Dを選ぶ人が多くなります。
でも、期待値を計算するとCが−9万円、Dがー10万円なので、Dの方が損が不利なのです。でも人はDを選ぶ傾向があります。

このような傾向は、「確実に損が出るよりも、どうせなら損が出ないほうが良い」と”損失を回避”しようとするのが原因です。

以上のように、人間というのは「利益を得られる場面では確実に利益を手にしたい」と考えるし、「損失を被る場面では損をしない可能性をとる」行動をとりやすいということです。

プロスペクト理論の事例|FXのメンタルを試される場面での心理。

以下の場面、自分の心理を想像してください。

ポジションがプラス方向に行った時


現在、+10万の含み益がでているポジションを持っています。

いっときは、+12万の含み益が出ていましたが、
少しずつ含み益が減ってきています。メンタルが試される場面です。

まだまだ利益は伸びるかもしれませんが、
このまま行くともっと減ってしまうかもしれません。

あなたはどうしますか?

利益を確定してしまいたくなる!こういう心理状態になるのがプロスペクト理論です。

ポジションがマイナス方向に行った時

ー10万円の含み損のあるポジションを抱えています。
今、損切りを確定してしまうと確実に10万円資金が減ります。

まだまだ損は膨らむかもしれませんが、
損切りしたとたんに、上がるかもしれません。

あなたはどうしますか?

損失を確定したくない!こういう感情になるのがプロスペクト理論です。

人の心理からすると、プラスのポジションは今の利益を確定したくなり、
マイナスのポジションは損がなくなるのを待ちたくなる
という、メンタルになってしまうのです。

人間は、このような心理が働くのが普通のことなんです。
ですから、感情のままにFXをすると、利小損大になってしまうんです!!

プロスペクト理論をトレードにどういかすのか?

FXのリアルトレードの経験を積んだ人は、みなさん、メンタルを鍛えて克服したい!
メンタルコントロールできるようになりたい!と思い始めます。

この問題をクリアするにはどうしたらいいのか?

大抵、どこのサイトでも

この答えは、”ルールを持ったら良い”と書いています!

でも、ルールを持ったら解決するか、といったら解決はしないんです!

ルールを持っていても”利益を確定したいし、損はしたくない”という
感情が残っているのですから!!
このメンタルでFXをしていると、結局は同じで苦しみます。

みんな、このことを知らないので苦労するんです。
そして、ほとんどの人はルール通りにFXをすることができません。

では、勝っている人はどうなのか?というとそういう感情がないんです。
当然、リスクを取っているので不安はありますよ。

勝っている人たちがメンタルが強いというわけではありません。
考えていることが逆なだけです。

損小利大の思考です。

このプロスペクト理論を克服して、勝っている人たちと同じになるにはどうすればいいか?

答えは、
人間がどういう心理状態になり、どういう行動をする傾向があるのかを理解する。
そして、その時のメンタルを知ることです。

それとは別に、FXの取引自体は損小利大をしていくことです。

このようなメンタル・思考を「投資脳(FX脳)」にインプットして
取引をするときには、投資脳にスイッチを切り替えることで克服できます。

これを一人でやりきるのは難しいと考える人は習うのが良いです。
また、コチラの人のほうが断然早いと思います。
自分の取引を見てもらい、正しいトレードをして成功体験をたくさん積む!
これが近道です。

そして、そのような勝っている人がいる環境に身を置くというのも良い効果を生みます。
勝っている人たち正しい行動をするのが当たり前ですから、
このような環境にいることで、その人たちと同じようなメンタル・思考にだんだんなってきます!

まとめ

FXで収益を手にするには、プロスペクト理論を理解して克服する(メンタルコントロールを身につける)必要があり、勝っている人たちは、投資脳(FX脳)にスイッチを切り替えてトレードをしているということもわかっていただいたと思います。

日常脳(普段の生活での考え方)のまま、FX取引をすると勝ちにくいので、
投資脳(FX脳)で取引をするようにしてください。

この「投資脳」の考え方については、投資の眼「 投資脳とは?投資全般で成功したいなら投資専門の脳を鍛えよう」の記事を読んで参考にしてください。