FXで9割の人が負ける理由を知ることで見えてくる勝っている人たちの秘密

よくFXは勝てるは1割以下の人で
残り9割以上の人は負けるって話がありますよね?

FXは、単純に買いか売りか勝率は50%のはずですが
なぜ勝てるのはそんなに少ないのか?

まずFXのチャートの動きはほとんどの場合、
個々人の感情の動きの集まり、
つまり集団意識によって上下しています。
 
 
 
なので1:9の割合で勝つ人負ける人に分かれる理由は
こう言い換えることができます。

「1割は勝つ考え方をしている。」
「9割は負ける考え方をしている。」

では、順をおってお話していきます。

FXをやってる人の感情で圧倒的に多いと考えられるもの
それは「勝ちたい・儲けたい」という感情ですよね。
 
 
でも、残念ながら
勝ちたい、儲けたいと思う気持ちが強ければ強いほど

FXでは勝てない・儲けられない ものなのです。
 
 

人間の本能を知ろう 

プロスペクト理論というのがあって

2つの質問にどう答えるか?というものでです。

質問1
あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたとします。
選択肢Aは、100万円が無条件で手に入る。
選択肢Bは、コインを投げて、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2
あなたは200万円の負債を抱えているものとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとします。
選択肢Aは、無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢Bは、コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

質問1は、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている
質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実験で実証されている。

人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、
損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということでです。

普通にしていると人間は、

利益は早く確定したい。
損はできることなら確定したくない。

と、人はどうしても考えてしまう傾向があります。

プロスペクト理論に当てはまる多くの人は
勝ってる時は、早く利食いをしたくてたまらなくなり、利確するけど、
負けてる時は、損を確定せずにずるずる引き延ばしてしまいます。

つまり体質的に

利益はすぐ確定するので膨らまない
損失はずるずる引き延ばすので膨らみ放題
という明らかな負け体質になってしまうのです。
 
 
ほかにも要素はあると思いますが 
この本能が多くの人が負ける大きな原因になっていることは確かです。
 
  
  
では、 

勝てる一割の人は、どういう人達なのか?というと
 
人間にはプロスペクト理論が
当てはまるということを知っていて、
 
意識的にその衝動には従わないように工夫している人達です。
 

次回は、では、勝っている人たちが
どのように工夫しているのか?
についてお話します。
 
勝っている人の秘密