FXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

FX最大の魅力、レバレッジってなんなの?

レバレッジ(Leverage)とは、「レバー(lever)」を語源にして作られた言葉です。

レバーとは梃子(テコ)と言う意味で、テコを使うと実際持つ力より何倍もの力を発揮する事ができる事から意味が派生し、「レバレッジ」とは、実際持っている資金の何倍もの力で取引を行う事ができるFXのシステムの事を指します。
 

資金に対して大きな取引ができるのが証拠金取引

10万円の資金であれば10万円分の取引しかできないのが普通です。これを「現物取引」といいます。証拠金(担保金)を預けることで、大きな取引をできるようにしているのが「証拠金取引」です。

たとえば
10万円の資金で、100万円の取引をすれば、レバレッジ10倍です。
10万円の資金で、200万円の取引をすれば、レバレッジ20倍です。

10万円の資金で、1000万円の取引をすれば、レバレッジ100倍です。
1万円の資金で、100万円の取引をすれば、レバレッジ100倍です。

1万円の資金で、1000万円の取引をすれば、レバレッジ1000倍です。

10万円の資金で、10万円の取引をすれば、レバレッジ1倍です。

このようにいくらの資金で、どのサイズの取引をするかでレバレッジは決まります。

ですから、レバレッジは、取引する人が、自分で決められるのです。

レバレッジは自分でコントロールできるから怖くない!

FXはレバレッジが怖いと漠然と考えている人が多いのですが、
レバレッジを高くするか低くするかは取引する人が自由に決められるので
理解していさえすれば、まったく怖いものではありません。

レバレッジに比例して、損益も大きくなる

FX会社に証拠金を10万円預けて、1枚(1万通貨)で取引すると、レバレッジ10倍で取引していると言うことになります。

10万円の取引をしたときに、レバレッジをかけなければ1万円の為替差益だった場合、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に膨らみます。
素晴らしい!と思うかもしれませんが、もちろん、損をしたときも、10倍に増えることを忘れないでおいてください。

また通貨間の金利差によるスワップポイントでの利益や損失も、レバレッジの分だけ膨らみます。

レバレッジはどうやって決めたらいいの?

初心者の人にレバレッジはどうやって決めるんですか?と聞かれることがあるのですが、レバレッジは自分でコントローするものです。

国内のFX会社は25倍まで
海外のFX会社は500倍とか1000倍まで レバレッジを上げられます。

でも、海外のFX会社がレバレッジ高いから怖いのかというとまったくそんなことはありません。

海外のFX会社であろうが、国内のFX会社であろうが、10万円の資金をあずけて、1枚(1万通貨)でトレードする限りは、レバレッジは同じ10倍です。
初心者のあいだは、1000通貨とか、少ない枚数でトレードしましょう。
FX会社をえらぼう!