FXは売買のとき手数料が安い

手数料が安く、不正が発生しにくいFX投資

レバレッジや、スワップポイントなども非常に魅力的なFX投資ですが、
他にもたくさんメリットはあります。

その一つに、他の外貨商品に比べ、為替手数料が格段に安いことがあげられます。

例えば、USドル建てで100万円の外貨預金を1年間することを考えてみましょう。
為替レートはここではわかりやすくするために1ドル=100円で変わらないものとして 説明します。

外貨預金をするためにはまず、円を使ってドルを買わなければいけません。
100万円で買えるドルは1万ドルですが、このときに手数料が発生します。
仮に1ドルあたり片道1円の手数料がかかるとすると、円をドルに換えるだけで9900ドルに目減りし、
これを1年間銀行の外貨定期預金に預けた場合の利息は0.1%くらいですから1年後に約9910ドルになります。
ここから利息の税金を差し引くと9908ドルが1年後のドル建ての受取額になります。

1年後にこのお金が必要になり円に戻して引き出した場合、更に手数料を9908円支払うことになります。
そうなると、1年後に円で手元に戻ってくる額は980092円、つまり約98万円になってしまうのです。
これでは銀行に手数料を稼がせるだけになり、時間とお金が無駄になるだけの結果になります。
これに対して、FX投資の場合を見るとFX会社によって多少の差はありますが、
国内のFX会社の場合は、USDの手数料は片道0.1円程度までと格段に安いのです。

さらにFX投資ではインサイダー取引のような不正な取引が起こりにくいことも魅力の一つです。

為替レートが動くような公的な統計データや指標、それに各国中央銀行の金利政策のような情報は、
国家が厳重な管理をしているので、例え有名なトレーダーや大きなディーラでも事前に入手することはほぼ出来ません。
ですから、株式のように関係者しか知らないインサイダー情報を使った不正取引も発生しにくいのです。
さらに、株式と比較すると通貨取引は世界中で行われているため、その取引量が桁違いに大きいために、
株式のように特定の個人や団体で相場操作をするような行為をすることは不可能に近く、国ですら相場の安定に四苦八苦しているくらいです。

ですから、勝率の高いトレードスキルを身に着けて、FX投資に参戦することができれば、 安定的に収益を上げ続けることが可能なのです。