メタトレーダー4(MT4)の便利な機能  定形チャート(テンプレート機能)の使い方

よく使うテクニカル指標の組み合わせを定形チャートとしてそのまま保存しておくと便利です。

定形チャートとして保存する

使い方はカンタンです。

まずは自分仕様につくったチャートを表示、
画面上部のメニューから「チャート」→「定型チャート」→「定型として保存」を選択、
その定型に適当な名前をつけて保存します。

これで定型としての保存が完了です。

もうひとつ、
チャートの何も表示されていない場所を右クリックして出てきたメニューから
「定型チャート」→「定型として保存」を選択、
その定型に適当な名前をつけて保存でも同じです。

  
 

定形チャートを反映させる

保存した定型を別の通貨ペアに当てはめたいときは、チャートを開いた状態で「チャート」→「定型チャート」と進むと、メニューのところに先ほど保存した定型が表示されまず。

他のMT4から定形チャートをコピーする

パソコン版のMT4は会社ごとにインストールする必要があるので、定形チャートを別のMT4にコピーすると便利です。

定形チャート(テンプレートファイル)の拡張子は

◯◯◯◯.tpl

MT4の定型チャートの保存場所

MT4の定型チャートの保存場所は、データフォルダの中の、templatesフォルダの中になります。