オセアニア市場の特徴

  • 世界で一番早くスタートする
  • 市場規模が小さく日本時間が始まるまでの流動性が低い
  • 豪ドル、NZドルはマイナー通貨

外国為替取引を1日の時間の流れでいうと、地球上で最も早く1日が始まるということで、ウェリントン市場からスタートします。しばらくしてシドニー市場が開き、続いて東京市場がオープンするという順です。

世界でもっとも早く開くオセアニア外国為替市場

ウェリントン市場のオープン時間は日本時間の早朝4時頃で、シドニー市場が少し遅れてスタートします。

オセアニアはサマータイム制度を実施しているため、夏時間は1時間ずれる事になりますが、オセアニアは南半球にあるため、欧州や米国が冬時間の時に夏時間になります。

ウェリントン市場が開く前は、前日のニューヨーク市場での取引がクローズ間際ということもあり、大幅に流動性が低下します。とくに月曜日などは、ウェリントン・シドニー市場が世界で最初にオープンする外国為替市場になるため、流動性は極端に低く、土曜日や日曜日に何か大きな事件などが起こっている場合には、月曜日のウェリントン・シドニー市場では、レートが大きく飛ぶこともあります。