アジア市場

アジア市場には、世界3大市場のひとつ東京市場が入っています。ロンドンやニューヨークと並ぶ一大市場となっています。
アジア市場は時間帯は、オセアニア市場の次にはじまる市場であり、オセアニア市場は規模が小さいので、実質アジア市場から投資家達は参入してくることが多いといえます。

朝の9時に東京市場が始まり、続いて香港市場、シンガポール市場、そして最後にバーレーン市場が続きます。

アジア市場の特徴

個人投資家の参入が多く、さらにドル市場への参入が多くドル円をメインとして売買する人が多く、そして逆張りから入る人が多いと言われています。

逆張りで売りも買いも支えられるために、他の市場に比べてレンジ相場になりやすいという特徴があります。このようなボックス圏での利益を狙うなら、適している時間帯の市場です。