Windows10の新機能「画面スケッチ」の使い方

画面スケッチとはどのような機能?

今回のWindows 10 Anniversary Upgrade で新たに追加された新機能「画面スケッチ」は、
現在表示されている画面をキャプチャ(スクリーンショット)して、そのキャプチャに対して、直接手書きを挿入することができる機能です。

まずは、Windows 10 Anniversary Upgrade より新たに追加された
タスクバーアイコン「ペンのアイコン」を選択します。

「Windows Ink」メニューがせり上がってくるので、その中の「画面スケッチ」を選びます。

すると、今ディスプレイに表示されている画面がそのままキャプチャされた状態で画面スケッチが開きます。

使い方によっては非常に便利な機能です。では次項からその画面スケッチの簡単な使い方と使用例を紹介していきます。

[Windows]+[Shift]+[S]キーでデスクトップ画面の一部を矩形選択し、それを切り取ってクリップボードへコピーすることが可能になりました。