FXはハイレバでも怖くない!海外FX口座のレバレッジについて正しく理解しよう

国内のFX会社の口座は最大25倍のレバレッジだけど、
海外のFX会社の口座では、100倍、500倍、1000倍といった
ハイレバレッジで取引できるところが多くあります。

世の中では、「レバレッジが高いと危険」とか
「レバレッジが高いFX海外のFX口座は危ない」とか
思われている人が多いようですがこれは必ずしも正しくはありません。
 
正しく理解すれば、
ハイレバレッジが可能な海外のFX会社でも、
レバレッジが25倍の国内のFX会社でもまったく変わりなく取引できますし

海外のFX口座ならではの有利なポイントもたくさんあります。
 

ハイレバ(高いレバレッジのFX会社) = 危険
ではない 事を知ろう

資金を10万円をそれぞれ3つの異なるレバレッジのFX会社に
預けて1万通貨の取引した場合を考えてみます。

レバレッジ25倍の
国内FX会社
1万通貨の取引に必要な
証拠金 約4万円
余剰証拠金6万円
実効レバレッジは10倍
レバレッジ100倍の
海外FX会社
1万通貨の取引に必要な
証拠金 約1万円
余剰証拠金9万円
実効レバレッジは10倍
レバレッジ500倍の
海外FX会社
1万通貨の取引に必要な
証拠金 約2千円
余剰証拠金9万8千円
実効レバレッジは10倍

 
証拠金とは、ポジションを持つときに必要な担保金のこと
 
余剰証拠金とは、どれだけ証拠金に余裕があるかということ

実効レバレッジとは、取引額に対する有効証拠金(FX口座内入金額)の割合のことで、
以下の計算式で実効レバレッジを求めることができます。
取引額 ÷ 有効証拠金 = 実効レバレッジ

この実効レバレッジが低いほどリスクも低くなります。

このようにFX会社のレバレッジというのは、最大レバレッジであり

実際の取引時のレバレッジは自分で決めるものなので
「取引額を少なくする」或いは「有効証拠金を高くする」ことで、実効レバレッジを低くしリスクを抑えることができるのです。

実効レバレッジは、10倍以下に抑えることをおすすめまします。

このように、FX口座のレバレッジには関係なく
実際の取引のリスクに関係するのは、資金に対してポジションサイズになるので

自分でコントロールすることができます。
 
 

 ハイレバのリスクは、ポジションを持ててしまうところ

うえの表の余剰証拠金の違いからわかるように、 
ハイレバレッジな海外のFX口座では、持とうと思えば、
資金に対して大きなポジションサイズで取引できてしまうところにあります。
 
逆にいえば、最初から、自分の資金にたいする正しいポジションサイズ
というのをルール化して決めていれば何の問題もありません。

大切なのは、

  • 自分の取引するときの適切なポジションサイズをあらかじめ決めておくこと
  • 損失を限定する注文(損切り注文)を必ずいれておくこと

これを守っていさえすれば、許容できない大きな損をすることはありません。

まずは、これを知っておいてください。 
 
 
 
 
 レバレッジについては、以下のFX初心者のための基礎講座にで説明しています。
レバレッジとは?