円高と円安を理解しましょう。

  • 円高は、日本円の価値が上がること
  • 円安は、日本円の価値が下がること
  • 価格は日本円と外貨の力関係により変動する

円安・円高ってどういうこと?

米ドルを欲しい人が増えると「円安」になります。

円高ドル安

円の価値が下がった分相手通貨の価値があがる、これが円安です。

日本円を欲しい人が増えると「円高」になります。

ドル高円安

円の価値が上がった分相手通貨の相対的な価値が下がるこれが円高です。

円安とか円高ってよくニュースとかで耳にする言葉です。

1ドル110円とか120円という風に伝えられますが、この1ドルいくらという
数字が大きくなっているのに「円安」といわれたり、
反対に数字が小さくなっているのに「円高」と伝えられるので疑問に思っている人も多いと思います。

米ドルに対して日本円が安くなっているか?高くなっているか?をあらわしているのですが
言葉だけで聞いてもイメージできないので、

たとえば、ハワイに海外旅行をしたときに、現地のハンバーガーを日本円にするといくらで買えるかという話で考えてみましょう。

以前、1ドル=100円のときには、ハンバーガーが100円で買えました。
今年は、円安になっていて、1ドル=120円なので、同じハンバーガーを120円ださないと買えません。

円の価値が下がっているからです。だから円安です。

逆に円高で、1ドル=80円ならば、ハンバーガーが80円で買えるので、円の価値は上がっているから円高です。

円高の時に、海外旅行をすると、現地のものが安く買えるということです。

円安円高のメリットとデメリット

円の価値が、高くなるのは日本に住む私たちにとっては、嬉しいことのように思えます。

しかし、実際にはそれほど単純ではありません。

海外からの輸入が多い企業では、円高が追い風になりますが、輸出関係の企業の場合、円高が進めば、外貨ベースでの売上は同じでも円での受取額が減ってしまうので非常に影響をうけます。

FXは円安・円高に関係なく儲けられる

FX投資は円安で価格が上がろうが、円高で価格が下がろうが儲けられます、それは、FX投資は売りからでもスタートできるので価格が下がりそうだなと思ったら価格が高いところで売って価格が下がった時に買い戻すことでその差益が利益になるのです。
FXは買いからでも売りからでも取引がはじめられる

例えば、1ドル=100円の時に売って、1ドル=99円の時に買い戻せば、その差の1円が利益になるという具合です。

もちろん、価格が上がりそうだなと思ったら価格が安い時に買って、価格が上がった時に売るとその差益が利益になります。

FXの稼ぎ方、損益の仕組み
売りからでももうけられるってどういうこと?

  • 円高=外貨に対して円の価値が上がること
  • 円安=外貨に対して円の価値が下がること