FX投資 相場の格言

FX投資の格言 売買編

もうはまだなり まだはもうなり

代表的な格言の1つです。
 
この格言の意味、教えは、もうそろそろ上がるだろうと思うなら、まだ下がるかもしれないとも考えなさい、逆にまだまだ下がると思うなら、もうそろそろ上がるかもしれないという事も考えなさい。ということです。
 
つまり、自分の思い込みだけでトレードするのは危険ですよと教えてくれている格言ですね。
 

頭と尻尾はくれてやれ

これも有名な格言です。
 
この格言の意味はどんなに優れたトレーダーであっても、相場の底値や高値を予測するのは至難の業です。
 
相場が大きく動いた後を見ると、底値で買って、高値で売りたいと思うものですが、そんなことは不可能なので欲張らずに頭と尻尾は捨てて間の部分を狙う方が上手くいくという教えです。
 

押し目待ちに押し目なし

この格言の意味は、勢いよく上げている相場などでもう少し下げてきたら買おうと思っていても、そんなときに限って相場は下げてこず結局高値で買う羽目になったり、買えなかったという事が起こりチャンスを逃すことがあります。
 
凝り固まった考えでFXトレードするのではなく時にFX相場に応じた、柔軟な考え、決断が大切です。
 

卵は一つのかごに盛るな

この格言の意味は、卵を1つのかごに入れてそのかごを落としてしまうと卵はすべて割れてしまいます。
 
そうならないためにも、大事なものは複数のかごに入れてリスクを分散しましょうという事です。
 
FX投資で言うなら、1度の取引ですべてを1つの通貨ペアで取引するのではなく複数の通貨ペアに分けて取引しましょう。
 
FX口座も1つに投資資金のすべてを入金するよりも複数のFX口座に分けてリスクを分散する方が安全です。

FX投資の格言 考え方編

人の行く裏に道あり花の山

投資の格言といえばこれというぐらいの格言です。
 
この格言の意味は、簡単に言うと人と同じことをやっていても上手くいかない大きな成果は期待できない、人と反対の事をやった方が上手くいくという事を解いています。
 
人と同じこと大勢と同じ行動をとれば安心だが、何かで成功するような人は、誰もやらないような事をやった人たちで、人と同じような事をしていても人並みの結果しか出ないという事を教える格言ですね。
 

相場は常に正しい

この格言の意味はFX相場は大衆の思惑が現れたもので参加者の売買によって動いています。
 
ですから何より大切なのは相場をよく観察して、参加者の思惑や心理を見極める事です。どんなに自信がある予測を立てても反対に相場が動けばその予測は間違っているという事。常に相場は正しいという事を教える格言です。
 

備えあれば迷いなし

この格言の意味は、FX投資の売買の際に迷いがあってはならないといっています。迷いがあれば、ちょっとした値動きでハラハラドキドキしてすぐに利確してしまったり思惑とは違う行動をとってしまいます。
 
そうならないためにも、ゆるぎない心構え決断が大切だという教えです。
 
それ以外にも、ギリギリの資金でFX投資をしていても、少しの値動きで動揺したり迷いが出て正しい行動ができなくなるので資金も余裕をもってFX投資に備えよという事を教えている格言です。

FX投資の格言 迷うとき編

売るべし 買うべし 休むべし

FXは24時間いつでも買ったり売ったり取引できますが、常に売ったり、買ったり取引することばかりがいいわけではなく時には休むことも大切ですよという事を教えている格言です。
 
解りずらい相場や迷ったときは取引しない事で、冷静に相場を観察出来てチャンスが見えたりするものです。
 

損して休むは上の上

FX取引をして負けてしまったときなどは、取り返したいという考えが働いて冷静な判断でトレードができなくなるものです。
 
この格言は損を出して冷静な判断ができないときは無謀な取引をしてさらに傷を深める可能性が高いので、そんな時はトレードを休む方が得策ですよ、チャンスはいつでもあると教えている格言です。
 

疑わしきは何もするな

FX相場は時に価格が急変することもあります。ただしその価格が急変した理由もよくわからずに取引するのは危険が伴いますよという事を言っている格言です。
 
わからない相場にはうかつに手を出すなという事ですね。