高機能リアルタイムチャートでポンドドル(GBPUSD)を分析する

ポンドドル(GBPUSD)の特徴

呼び方:ポンド米ドル、ポンドドル(トレーダーには略して「ポンドル」とも呼ばれることも多いです。)
ポンドドルは、メジャー通貨のひとつで、取引量が多い通貨ペアです。
ファンダメンタルからみた通貨:ポンドドル(GBP)の特徴
ファンダメンタルからみた通貨:米ドル(USD)の特徴

ポンドドル(GBPUSD)の値動きの特徴

ポンドドルは値動きが大きい通貨ペアです。
ドル円やユーロドルに比べてスプレッドが広い点も、スキャルには不向きといえます。
デイ・スキャルレベルで眺めてしまうと、無駄な損切りが増えてしまうリスクがあります。

中東地域の投機資金の多くがポンド/ドルに流れているという噂もあり、実際にファンドが多く取引しているそうです。
ドルストレートの中で、1通貨当たりの価格がもっとも大きいのがポンドドルなので、これも値動きが大きくなる理由となっています。

▼ポンドドル(GBPUSD) チャート・1年間

ポンドドルは、1ポンドをいくらの米ドルで取引できるかを表しています。
ポンドドルの価格が上昇するということは、ポンドの価値が米ドルに対して高くなっているということです。(ポンド高米ドル安)
ポンドドルの価格が下降するということは、ポンドの価値が米ドルに対して安くなっているということです。(ポンド安米ドル高)

▼ポンドドル(GBPUSD) チャート・10年間

ポンドドル(GBPUSD)のトレードの難易度

上級者向け(難しい)

値動きが大きくクセもあるので、初心者向きではありません。

ダマシが多いので、短い足でのトレードには不向きですが、かといって、長い足でトレードする場合も損切りが広くなるのでリスクが大きくなりがちです。
特にデイトレーダーに多い5分足や1時間足で騙しが多い印象があり、投機筋に狩られているイメージがあります。(あくまでイメージです。)

ときどき、もの凄くきれいなチャートパターンを描くこともあるので、研究すると良いでしょう。いつもはやらないけど、きれいなときだけやる通貨ペアです。

リスクを考え、枚数を少なくしてトレードすることをオススメします。