ローソク足の種類を学ぶ

ローソク足は知らない人が見ると、ただの四角の箱(実体)と線(ひげ)でできた図形でしかありませんが、この実体の長さやひげの長さの組み合わせによって、いろいろなローソク足の種類があり呼び名があります。
 
また、ローソク足の種類によっては相場転換のサインになるようなものもあり、覚えておくことで有利にFX投資を進めることができます。
 

ローソク足の種類 一覧


 
主なロウソク足の一覧です。面白い名前がついてますね^^
 
ローソク足は、実体とひげの組み合わせで出来ていますが、この形状によってさまざまな相場の情報が読み取れたりもするんです。
 
Fxチャートというのは、FX相場参加者の思惑や集団心理が形になって表れたもので、ローソク足1本とっても同じことがいえます。
 
ですから、ローソク足の意味を知っておくというのはとても大切な事なので、しっかりと覚えてくださいね。
 
また、実際のチャートで見てみると、より理解が深まりますのでチャートでも見てみることをおススメします。
 
[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”icon_sensei.png” name=”FX学校の先生”]ローソク足だけで勝ち続けるトレーダーもいるぐらいですから、何度も見返して覚えてください。[/speech_bubble]