注文方法には、「成り行き注文」と「指値注文」があります。
まずは、成行注文から見ていきましょう!
成り行き注文とは、現在表示されている価格で、今すぐに売買したいときに使う注文方法です。
為替レートを指定しないので、基本的には必ず約定する注文方法ですが、相場の動きが激しい時は表示価格と全く違う違う価格で約定される(スリッページ)事もあります。
また、値動きが激しい時にはスリッページの設定幅が狭いと約定されないこともありますので、絶対に約定させたいときは設定の幅を広くするか、解除する必要があります。

FX初心者のうちは値動きが激しい時に成行注文は控えたほうが無難です。

成行注文とは?

成行注文は、「今表示されている値段(為替レート)で買いたい・売りたい」という時に有効な注文方法です。

FX会社によって「プライスオーダー」や「マーケット注文」、「リアルタイム注文」などとも表現している場合もあいます。

成行注文は、売買価格を指定せず、銘柄と数量のみを指定して注文を出します。

成り行きで注文を入れるのは、新規注文や決済注文の際に取引のタイミングを重視し、すぐに約定したい時に活用する注文方法で、またタイミングによっては、提示されたレートと異なるレートで約定することがあるので注意が必要です。

一般に成行注文は、市場において、現在提示されている実勢価格(レート)で取引され、リミット注文(指値注文)よりも優先して売買が成立するため、通常、成立しやすいというメリットがある一方、相場変動が大きい時には、予想外に高く買ったり、安く売れてしまうというデメリットもあります。

この思っていた価格よりも、実際に注文が入った価格が違う現象を「注文がすべる」という表現をしたりします。

この注文した価格と実際に約定された価格の差のことをスリッページといいいます。

スリッページとは?

ストリーミング注文とは

ストリーミング注文とは、リアルタイムで提示されているレートを任意のタイミングでクリックして発注する注文方法です。成行注文のように約定レートにぶれが生じないため、約定させたいレートで約定させることができ、クリックしたときにレートが不利な方へ変動した場合は約定させない便利な注文方法です。

相場の変動が激しいときにはなかなか約定させることができません。動きが緩やかなときに使うのが一般的な使い方です。
ストリーミング注文を使いたいけど約定率も上げたいという場合には、許容スリップで許容できる変動幅を設定することができます。