注文方法 指値注文

指値注文とは、決まった価格で売買したい時に使う注文方法です。
成行注文は価格を指定せずに今の価格で注文して、すぐに約定される(スベルこともあります)注文方法でした。

指値注文の場合は、自分が決めた価格で注文を出しておくので、為替レートがその価格にならないと約定されません。
例えば、現在のレートが仮に100円だとします、この時にレートが99円になったら買いたいと思ったときに指値注文を入れておくとレートが下がってきて 99円に価格がなった時に約定されます。
指値注文
また買いの場合、指値注文では現在の価格より高い価格で注文は出せません。どういう事かというと、例えば現在の価格が100円とした場合 101円で買い注文は出せないという事です。
指値注文は現在の価格よりも有利な価格、買いの場合だと現在の価格よりも安い価格で注文を出したいときに使う注文方法です。

現在の価格よりも高い価格で買い注文を入れておきたい場合は、逆指値注文を使います。

成行注文では、スリッページによって思惑と違う価格で約定することがありました。
指値注文の場合、売買するレートを決めて注文を出すので基本的にはそのレート以外では約定しません。しかし、FX会社によっては有利な方向にスリッページが発生した場合だけ約定するFX会社もあります。
指値注文の実践的な例 実践で指値注文を使う時の例
 

指値注文の注意点

指値注文では、注文を入れる際に有効期限を入れる必要があります。

有効期限の種類には「今日中・今週中・今月中・無制限・期間指定」などいろいろありますが、注文を入れているつもりが有効期限の関係でいつの間にか取り消されていたり、逆に取り消したつもりの注文が取り消されていなかったりする場合があります。

チャンスを逃したり、思わぬポジションを持つことがないようにこまめにチェックしたいところです。
指値注文では、1つしか注文を入れられません、1度に新規や決済2つ以上の注文を入れたい場合は「IFD注文」 「OCO注文」 「IFO注文」を使って注文します。