• pipsとは値幅の単位です。
  • 円がらみの場合は、小数点第2位が1pipsの桁
  • 円がらみ以外の場合は、小数点第4位が1pipsの桁

昨日はドル円が、80pips動きました。
今週は、トータルで、120pips勝ちました。

など

FXで取引していると、pips(ピプス、またはピップス)という単語を目にすることがあるとおもいます。
このpipsとはなんでしょうか?

pipsは値幅の単位です

pipsというのは、「値幅」の単位です。

「Pip」の意味とは「Percentage in point」の短縮形で、「Pips」は「Pip」の複数形で「Percentage in points」の短縮系を示しています。
「Percentage in point」は日本語訳をすると、「あるポイント(最小の通貨単位)での1パーセント(1/100)」と言う意味になります。

FX(外国為替取引)は異なる国どうしの通貨を交換する取引なので、円やドル、ポンドなど様々な通貨単位が使われていますので統一した値幅の単位を必要とします。

円絡みの通貨の場合

円の場合には1円が最小の単位となっているので、「1円 × 1/100 = 0.01円」と言う事になり 0.01円 = 1pip となります。

ドル円、ユーロ円など、◯◯円 と円がつく通貨ペアの場合、小数第2位が1pipsです。
1銭が1pips
10銭が10pips
100銭(1円)が100pips
となります。
 

通貨ペア例(円絡み) 1pips
米ドル/円 0.01円
ユーロ/円 0.01円
英ポンド/円 0.01円

円絡み以外の通貨ペアの場合

アメリカドルの場合には「ドル」の単位の下に「セント」と言う通貨単位が有るので、「1セント × 1/100 = 0.01セント」となり、「0.01セント = 1pip」と言う事になるので、「1ドル = 100セント」ですから「0.0001ドル = 1pip」と言う事になります。

ユーロ/ドル、ポンド/ドルなど
米ドル絡みは小数第4位が1pipsです。

円絡み以外の通貨ペア例(米ドル絡み) 1pips
ユーロ/米ドル 0.0001米ドル
英ポンド/米ドル 0.0001米ドル
豪ドル/米ドル 0.0001米ドル

最小取引単位=1pipsではないので注意が必要

「pipは為替レートの最後のケタ」と覚えるのは間違いです。
FX会社によって「下2ケタ表示」と「下3ケタ表示(外貨同士の通貨ペアなどの場合、下5ケタ)」の違いがあります。

pipsでパフォーマンスをくらべる

わざわざ「pips」を使うかというと、取引の成果を客観的に把握するためです。
取引の成果を利益や損失の金額で測ろうとしても、取引量が違えば損益は変わります。

10万通貨のポジションサイズで取引して50銭幅(50pips)の利益を得たら5万円の利益だが、
1万通貨のポジションサイズで取引して500銭幅(500pips)の利益を得てもやっぱり利益は5万円です。

50pips幅と500pips幅、どちらが難易度が高いかと言えば当然後者です。

また、先月と比べて今月はどうだったかな?」という時、
ポジションサイズの影響を排除するには、純粋な値幅簿「pips」で比べると便利なのです。

ちなみに、米ドル/円の場合は、「1pips=0.01円=1銭」になります。
pipsは、このように、パフォーマンスを比較する「統一単位」として使われます。

通貨量 1pips=0.01円=1銭 10pips=0.1円=10銭 100pips=1円=100銭
1通貨 1銭 10銭 1円
100通貨 1円 10円 100円
1,000通貨 10円 100円 1,000円
10,000通貨 100円 1,000円 10,000円
100,000通貨 1,000円 10,000円 100,000円

pipsはFX特有の単位ですが、円絡みとそれ以外に分けて
日本の円だけが特別で「0.01(小数第二位) = 1pip」、他の通貨ペアについて「0.0001(小数第四位) = 1pip」と覚えておけば問題ありません。

トレードを習得する上でpipsは理解しておいてください。